声優養成所のおすすめ比較サイト~本気で声優を目指す方へ~

トップページ > 声優情報 > 声を使った俳優となるための養成所

声を使った俳優となるための養成所

 声優養成所、つまりは声が仕事であると言うための人材を養うと言う場所です。大よそ、この養成所でボイストレーニングを積んで多くのテレビのアニメやナレーション、そして洋画などの吹き替えなどが出来ると言う訳です。
 もちろん、オーディションは必ず定期的に実施されます。声のみならずも必ず写真撮影もありますから、そのために声のみならずも顔で売り込みも必要とされます。
 写真撮影も定期的に行われて、売り込みをされると言う事になります。養成所のシステムは最初は研修生としてオーディションが成されます。
 そして定期的に今度は実習生としてオーディションが成されます。もちろん、その期間中にオファーが入れば、その時点で、声優としての仕事が入ると言う事にもなる訳です。


 声優養成所の一日の流れとしては、朝から研修生、午後から夜に掛けての実習生の養成となる事が一般的です。
 もちろん、研修生と実習生のメニューは異なります。研修生の場合はも、基本中の基本から習得することになります。
 発音練習から物語の読み方などです。研修生としてカリキュラムがほぼ終了に近づくと、今度はね実習生としてのオーディションを受けると言う事になります。
 このオーディションは様々な声優養成所で異なります。一本の物語を全て暗唱しておくことが必要な場合があります。
 その時間大よそ10分から20分程掛かる場合があります。全て自分の口から最初から最後まで暗唱する事が求められます。
 その実、暗唱してなければ分からないと言う事になり、その場では、係員からの様々なページからの暗唱を求められる事もあります。


 晴れて研修生から実習生になるためのオーディションに合格した後は、今度は実習生用のカリキュラムを受ける事になります。
 今まで研修生として行ってきた基本に、今度は応用を加える事になる訳です。単なる棒読みではなく、列記とした声に役を持たせる実演と言う事になります。
 部屋でしっかりと画像を見ながら声を当てる訳です。そのためにレッスン生同士が登場人物となり、物語の演技を実演すると言う事も日常茶飯事にあります。つまりはお芝居の実演と言う事になります。
 そして、物語を必ずレッスン生同士で読み進めていくと言う事も日常茶飯事に行われ、有名な洋画や邦画を見ながら本番さながらに声を出して演技をすると言う稽古もあります。
 それをしながらにして、どこかの事務所からのオファーが来れば、すぐにでもテレビ局に出向き、声優の仕事が出来ると言う事になる訳です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP